新しい日常 2.0

2020年2月、48歳の冬、モノづくりの生産技術として24年10ヵ月勤めた会社を諸事情により退社、ちょうどコロナ禍と重なる。その後、無知からの失敗続きの日常を振り返ると伴に、人生100年時代の残り半分を生き抜く「新しい日常 2.0」構築するまでの考え方や行動を記録する。

スポンサーリンク
新しい日常 2.0

今だからこそ!サラリーマンがすべきこと【新しい日常2.0】

会社に属し安定した収入が得られている今、サラリーマンであるがゆえに必然的に弱みとなっている「お金を稼ぐ力」を増強し、突然会社を去る日が訪れた時の備えとして欲しい。「その日」がこないことを望むだけでは、本質的な不安の解消にならない。他者に依存するのではなく、自分の意志と行動をもって、自分のできることを進めることが、これからの「個の時代」、「オンラインの時代」において、自分の人生を豊かにする最善の方法と考える。
新しい日常 2.0

2021年 資本推移レビュー【新しい日常2.0】

2021年度の資本推移をレビューしてます。
新しい日常 2.0

確定申告書作成は国税庁ホームページから【退職サラリーマン】

会社を退職しサラリーマンを辞めたあと、その年の内に再就職していなければ、翌年の初め(通常は2月16日~3月15日)確定申告が必要である。結論としては、確定申告に不慣れな人ほど、国税庁のホームページ(パソコン上)で作成し『印刷して提出』することをオススメする。
新しい日常 2.0

退職サラリーマン『合同会社』を検討する【個の時代】

先ずは合同会社設立の検討を進めることにした。ブログ運営に関しては、継続的に学び、スキルを身につけ、いずれ事業化することを念頭に入れ、副業ベースで取り組んでいく予定。
新しい日常 2.0

『変化の大きな時代』視点で先を読むアプローチ【個の時代】

「変化の大きな時代」における「先の読み方」に関して提案するのでぜひ参考にして欲しい。
新しい日常 2.0

世界が動く!『地球温暖化』を整理してみた【環境問題】

「地球温暖化」という環境問題に対する「要因系」「結果系」及び「対策」という視点で、意外とうまくまとまった、と思う。 これを参照することで、環境問題関連のニュースで出てくる「言葉(キーワード)」の立ち位置を理解するのに役立てば幸いである。
新しい日常 2.0

サラリーマン退職後のお金(税金等)の全体像とポイント その2

退職直後は何かと落ち着かないものです。自らの反省から、退職後の生活に大きく関わるお金(税金等)に関して、全体像をポイントで把握できる様に整理しました。何か少しでもお役に立てれば幸いです。
新しい日常 2.0

熱い⁈植物肉でできたハンバーガー(大豆ミートバーガー)【環境問題/食糧危機】

学業や部活動で大変な時もあるかもしれないが、高等学校生活という「発芽制御タンク」を通して、まだ見ぬポテンシャルを引き出し、よきに発芽することを父さんは期待している。
新しい日常 2.0

サラリーマン退職後のお金(税金等)の全体像とポイント その1

退職直後は何かと落ち着かないものです。自らの反省から、退職後の生活に大きく関わるお金(税金等)に関して、全体像をポイントで把握できる様に整理しました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました