『文章を書くこころ』スキルとして身につけるべし【個の時代】

スキルを身につける

文章はシンプルに

“「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。藤𠮷豊 / 小川真理子 文道(日経PB)”という書籍の中のランキングで、堂々1位に輝いた、文章のプロ「共通のノウハウ」である。

この書籍は、ブログのメンターである“YouTubeチャンネル「ウェブ職TV/なかじ」”のなかじさんも絶賛している。文章に関する著名な書籍100冊を、著者が丹念に読み込み、ランキングした40位までの「文章のノウハウ」が順番に解説されている。本を読むのが苦手な人でも「大事なことから順次効率よく学べる」という点が仕組みとして素晴らしい。

この本を読んで感じたのは、40位までのノウハウの中に「文章はシンプルに」に関わる内容が多くあること。よって「文章はシンプルに」という“プロが大切と考える一番のノウハウ”を掘り下げた形でまとめると、もっとシンプルにまとまるのではと考え、その整理(編集)を試みた。

『個の時代』で必要とされる「文章を書くスキル」

さて、本ブログの「はじめに」を読んでいないと思うが、これからの時代は『個の時代』になると考えている。個人が自分の好きや得意のスキルや能力を活かす時代である。この時代において「文章を書くスキル」は大切と考える。

一般的にこのスキルが活きる事としては、手紙やメールを書く、また、仕事などにおいて報告書や打ち合わせ等で議事録を書く。

小生が「文章を書くスキル」を大切と考える理由は次の2つ。

  • 「人は忘れる生き物」だから「書き留める」は大切なOutput
  • 個の時代』では「価値観で人とつながる」べきでありSNS等で「自己発信」するのが大切である

前者について言及すると、大事なこと(情報)は忘れる前に書き留める(記録しておく)必要がある。書き留めることによって、その大事なこと(情報)を忘れないだけでなく、その大事なこと(情報)がより高度なこと(情報)に昇華する、ためのベースとなるかもしれない。

この書き留めることをしないために、必要な時に思い出すまでに時間が掛かる、場合によっては二度と思い出せないといった、「ロス(損失)」を経験してきた。忘れたのが悪いのではなく、書き留めなかったのが問題であると考える。

また後者に関しては、『個の時代』の意味を勘違いして間違っても孤立してはいけない。むしろ人とのつながりがより大切になる時代である。そのために、オンライン上のSNSやブログといったWEBサイトでの「自己発信」が大切となる。

上述の理由2つではいずれも「文章を書く」必要が生じる。未来の「自分」とっても「読者」にとっても、その文章の意味する内容が正しく理解できる様「わかりやすく書いてあげる」のが親切である。

「100冊+2冊=102冊」も、本質は変わらず

“「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。藤𠮷豊 / 小川真理子 文道(日経PB)” の文末にある100冊の書籍リストを確認したところ、自分が知っているのは5冊程度だけであった。逆に、そのリストに含まれていないが知っている(気に入っている)本が2冊ある。これを紹介しておく。

『個の時代』文章に関して学べる書籍の紹介

☞101冊目

  • 「文章を書くこころ」外山滋比古著(PHP文庫)

父さんが学生の頃(四半世紀程前)に購入した本である。最近ブログ運営する様になって見直しているが、面白い。外山滋比古さんといえば「思考の整理学」で有名である。100冊の中には、「思考の整理学」と「知的文章術 誰も教えてくれない心をつかむ書き方」の2冊が含まれていた。ゆえに省かれたのだろうか?

外山滋比古さんの文章は知的なユーモアもあり、構成がしっかりしているので、読むだけで文章の学びになる。

☞102冊目

  • 「新しい文章力の教室」唐木元著(impress)

これは最近手にした本であるが、記事を書く仕事をする会社での社内教育ノウハウというだけあり、丁寧でとてもわかりやすかった。

ここで重要なことに気が付いた。この2冊を加えても、文章のノウハウの共通点はほぼ変わりない。

故に “「文章術のベストセラー100冊」のポイントを1冊にまとめてみた。藤𠮷豊 / 小川真理子 文道(日経PB)” の本の成果が改めて実感できる。

「文章はシンプルに」を掘り下げ整理する、という試み

この記事の目的の一つは、先にも述べたが「文章はシンプルに」という“文章のプロが大切と考える一番のノウハウ”を掘り下げた形でシンプルにまとめることである。

文章を書いた後、「推敲」をする時に、気になったポイント

  • 読みにくい、
  • 読んでつまずく、
  • 何かしっくりこない

を改善するための「ガイド」として役に立つことを期待している。

こんな形で整理を試みた。まずエクセルを用いて、図の様な表をこしらえた。

文章ノウハウの整理を試みてみた途中のプロセス

左側にランキング項目を並べる(1~40位)。ランキング項目を分類する視点を上側に並べる。ここでは

  • シンプル(共通する軸)
  • 伝えたい(筆者の思い)
  • 読みたい(読者の思い)
  • 読み易い(読者への思い)
  • 書く準備(筆者の心構え)

の5つに分類した。分類の割り振り作業においては、小生の感覚である。そして、分類されたものから「シンプル群」として整理してみたのがこの図である。

『個の時代』文章を書くこころ【シンプル群】

右側に空間ができたので、蛇足かもしれないが、メモを付け加えておいた。スペースの関係で、箇条書きになっているので、その背景にあることは察するか、上述した3冊(102冊分)を読んで補足して欲しい。

何か文章を書く機会があって「推敲」する段階で、活用される時が来ることを期待している。

まとめ(『個の時代』に必要な文章を書くこころ)

こんな内容を紹介しておいてなんだが、文章を書く機会があるときには、肩ひじ張らずに楽しんで欲しい。

ただ、これからの『個の時代』の中で、SNSやブログといったWEBサイトで「自己発信」をしていく上で、自分と合う価値観や考え方をもった人に伝わりやすくするための一つの手段が「文章をシンプルに」することである。

文章をシンプルに」すると伴に「人に伝えたい」「読者が読みたい」「読者が読みやすい(わかりやすい)」その為に「心構えを学びたい」と思う気持ちが沸けば、それは「文章を書くこころ」である。

『個の時代』における”文章を書くこころ”の位置づけ

少し意識して「文章を書くこころ」をスキルアップすることができれば、きっと『個の時代』で生きる上で大きく役立つ時が来る

この記事が少しでもお役に立てば幸いである。

【追伸】『個の時代』のメンターとは

少し脱線する話であるが、「メンター」とは、一般的には、あるニーズに合わせた人の育成にあたり「指導」や「助言」をしてくれる人のことを指す。

ただ『個の時代』でも良質なメンターを持つことが大切である。かといってオンラインで情報が溢れる中で、大きなダメージを受けることなく、良質なメンターを見つけるのは難しい。

「師匠を紹介します」とか言って、低質なコンテンツに高額な金額を請求する様な詐欺まがいを回避するのは、とりわけ初心者にとって困難である。

小生は「YouTubeチャンネル」をメンターにしている。昨今、発信している情報の質も高く、無料である。時々挟まるCMが気にならなければ、何か強引に催促されることもなく安心である。

しつこい説明になるが、例えば、なかじさんではなく、なかじさんが作った「ウェブ職TV/なかじ」というYouTubeチャンネルが、ブログにおけるメンターである。なかじさんが悪いという訳ではなく、その人が、そのタイミングで、動画に込めたコンテンツは、変わらないということがポイントである。逆に言えば人は変わる可能性が否めない。

もちろん個別のコンサルティングも紹介している場合には、日々配信される無料のコンテンツの内容を、半年から1年間くらいの時間をかけて吟味し、「安全」⇒「安心」⇒「信頼」のレベルと感じられれば、お金を投資することも問題ないと考える。

他にもいくつか学ぶ内容によってメンターを決めている。それぞれの分野で一つの軸を決め、質(レベル)の基準を持つことも大切であると考える。

今は良質な情報が無料で入手でき、学べる時代である。今後ますますこの傾向は普及していくであろうし、まずこれを活用しない手はない。

個人がスキルや能力を身につけるにあたり、いきなり、しかも素性をよく知らない、トレーナーやコンサルタントやコーチング等に高額なお金を払うのは得策ではない

環境は整っている、自ら学ぶ姿勢があり、行動力があれば、時間が足りないくらいの学びの場があることをよく意識して欲しい。

唯一ケアすべきことがあるとしたら「自分に合う、自分に必要なメンター(情報)」をどう見つけるかである。

案ずることなかれ、SNS等で価値観のつながりができれば、自然と答えは見えてくるはずである。

ゆえに、SNSやブログ、WEBサイトを活用し、自己発信し、価値観の合う仲間と、良好なコミュニティをつくっていくことは、「オンラインにも立つ」上で大切なことである。

以上

コメント

タイトルとURLをコピーしました